Event is FINISHED

未来をつくる!最先端のテクノロジーとクリエイターの探究力- シブヤクリエイティブトークDAY3

Description
※※お申込者の方にはイベント終了後数日に限りアーカイブ映像をご提供する予定です※※

※※6/29更新:トークセッション後、交流会の開催が決定しました!※※
※※6/29更新:登壇者が新たに追加されました!全部で4名のTALKとなります。そのため終了時間に15分の延長がございます。あらかじめご了承ください※※
※※全編英語での配信となります。日本語通訳はおりますが、あらかじめご了承ください((同時通訳の予定でしたが、逐次通訳と変更になりました。お詫び申し上げます。)。※※




最先端のクリエイティブを生み出す街、渋谷。この地を軸足に活躍するクリエイターと世界のクリエイターをつなぐ連続トーク「シブヤ クリエイティブ トーク」を行います。

第三夜は、最先端のテクノロジーを用いながら、未来への想像力を喚起してくれるクリエイター達が登壇します。彼らは物事を深く洞察し、探究した上で、未来の姿を創造します。ものを作る上での土台となる探究力、ものづくりの舞台裏を伺います。

以前はIDEOで活動され、MoMAにも作品が収蔵されている石黒氏のほか、IKEAが設立したイノベーションラボSPACE10の最新プロジェクト、Everyday Experiments に参加する2社、Set Snail(デンマーク)とBakken & Bæck (ノルウェー 他)も登壇。世界のクリエイターを繋いだ、大変貴重なトークとなります。


FIELDが制作した「Extreme Measures」。スペースの容積をビジュアルで捉える。

Bakken & Bæck が制作した「Techno Carpenter 」。VRで家具をデザイン。

【SPEAKER】
・石黒猛 (いしぐろ たけし)/ Takeshi Ishiguro Creative Lab 代表
・Brian Lund Lauridsen(ブライアン・ルンド・ロウリッドセン) / Set Snail (セット スネイル)Creative Director
・Gregor Finger(グレゴール・フィンガー ) / Bakken & Bæck (バッケンアンドベック)XR Specialist
・Alice Shaughnessy (アリス・ショーネシー) / FIELD (フィールド)Producer


【MODERATOR】

小田嶋 Alex 太輔(おだじま あれっくす たいすけ)/ EDGEof Innovation CEO
EDGEof共同代表として、スタートアップや学生といった未来のイノベーターの育成と、各国の大使館などを通じた日本のイノベーションエコシステムの国際化に邁進。経済産業省が推進するJ-Startupプログラムのオフィシャルサポーター / 推薦委員でもあり、世界最大のスタートアップ見本市である CES Eureka ParkにおけるJ-Startupブースのプロデュースを務めるなど、日本企業が海外進出するために必要な環境の構築に尽力。現在はEDGEof Innovationの代表として、より事業開発にフォーカスした活動も展開している。

===DAY3(7/3) TIME TABLE===

※開場:18:50

▼19:00〜19:05 ご挨拶、注意事項説明など

▼19:05〜:19:25 トーク(20分)
【TALK1 Create Something New ー 新しい「物」を作る事について 】

新しい「物」を作る事について、日々考えている事や行っている活動の内容を実例交えながらお話しします。石黒氏の制作活動は多岐に渡り、全く新しい概念を打ち出した椅子のデザインから、舞台に竜巻を起こす演出まで。本トークでは近々発売される新商品の開発過程についても伺います。

[SPEAKER]

石黒猛 (いしぐろ たけし)/ Takeshi Ishiguro Creative Lab 代表
1969年山梨県生まれ、育英工業高等専門学校卒業後、95年にロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科修了。96年に米IDEO社入社サンフランシスコ事務所に勤務し広くプロダクトデザイン、戦略にたずさわる。1998年「Rice Salt&Pepper shaker」、2007年に加湿器「chimney」がニューヨーク近代美術館永久保存に決まる。99年同社東京に転勤し01年退社。02年から個人で活動を開始、プロダクト、アート、舞台演出など多岐に活動中。


▼19:25-19:45 トーク(20分)
【TALK2 The Digital Door to Narnia: Ikea’s Magic Flat Pack - ナルニア国へのデジタルドア:イケアのマジックフラットパック】

Set SnailではSpace10と共同で、夜間にイケアの倉庫に移動することができる、自作のARポータルを備えたマジックフラットパックを制作しました。このアイデアがどのようにして生まれたか、この一風変わったプロジェクトを立ち上げるまでのプロセス、そもそもなぜこんなことを実現したのかについてお話しします。技術的な観点からも、どのような課題に直面し、どのような技術を使用したのか。そして現実世界から仮想世界への移行をどのようにして可能にしたのか、幻想を壊すことなくご説明します。
https://www.youtube.com/watch?v=FEaFxORXkhw

[SPEAKER]

Brian Lund Lauridsen(ブライアン・ルンド・ロウリッドセン) / Set Snail (セット スネイル)Creative Director
ブライアンはSet Snailの共同創業者の一人であり、以前はデザインスタジオHello Mondayでアートディレクターとインタラクティブデザイナーを務めていました。彼は、デザイン、アートディレクション、デジタル製品の開発の両方を経験し、レゴ、グーグル、イケア、セサミワークショップ、YouTubeのためのいくつかのプロジェクトをプロデュース。Set Snailでは6つのゲームを発売しました。彼の最も有名なゲームは、現在3,000万ダウンロードを超えるモバイルゲーム「Daddy Long Legs」です。カンヌライオンズ、ユーロベスト、Lovie賞、Webby賞など、様々な賞を受賞しています。

※プレゼンは英語で行われます。日本語の逐次通訳あり。

▼19:45-20:05 トーク(20分)
【TALK3 イケア エブリデイ・エクスペリメンツの裏側に迫る - IKEA Everyday Experiments - a closer look】

イケアとSPACE10は、世界で最も革新的なデザインとテクノロジーを扱うスタジオを集め、新しい生活スタイルを想像し、そのデジタル実験を行なうEveryday Experimentsをスタートさせました。Bakken & Bæckはこのプロジェクトに招かれ、イケアのさまざまなプラットフォームを横断し、遊び心のある形で結びつけ、全体のクリエイティブなコミュニケーションとキュレーション戦略を定義しました。このトークでは、イケアの実験の一部をご紹介します。Techno Carpenter(テクノカーペンター)、Shelve It(シェルブイット)、Home Applications(ホームアプリケーションズ)。これらのコンセプトはどのようにして生まれたのか。その過程でどのように変化したのか。また、Bakken & Bæckでの試行錯誤することをどのように捉えているか、お話しします。


[SPEAKER]

Gregor Finger(グレゴール・フィンガー ) / Bakken & Bæck (バッケンアンドベック)XR Specialist
XRインタラクションを専門とするクリエイティブなテクノロジスト。XR製品のためのテスト環境を整え、コンセプトやプロトタイプの制作を経験。Bakken & Bæckでは、拡張されたアーキテクチャの未来と、ARとVRの技術がデザインツールや日常生活に与える影響を探求しています。これまでに、BMW、IAV Automotive Engineering、Hamburger Hochbahn、Hardt Hyperloopでモビリティの未来を探求してきました。

※プレゼンは英語で行われます。日本語の逐次通訳あり。

▼20:05-20:25 トーク(20分)
【TALK4 未来の技術が再定義する、私たちの新しい暮らし方 - How will tomorrow’s technologies redefine the way we live at home?】

Everyday Experiments(エブリデー・エクスペリメンツ)は、イケアのイノベーションラボ SPACE10が行う、ビジュアルデザインと技術を探究する実験的なプロジェクトシリーズです。FIELDの3つの実験プロジェクト(Extreme Measures, Spatial Instruments, Fort Builder)では、新しいテクノロジーと、子どものような遊び心や自由な想像力を融合。出来あがった新しいツールやおもちゃは、私たちのインテリアに対する考え方を変えるでしょう。日常生活での様々なプロセスの中にこれらのツールを取り込むことで、古いパターンを学び直し、これまでの部屋や家具の概念を問い直すことができます。新しくて、直感的で、ユニークで、個性的な「家」使い方を発見する手助けになるでしょう。

[SPEAKER]

Alice Shaughnessy (アリス・ショーネシー) / FIELD (フィールド)Producer

アリスは、クリエイティブスタジオ FIELD のプロデューサーとして、Space10のEveryday Experiments プロジェクトに携わりました。FIELD はロンドンとベルリンに拠点を持ち、多様なバックグラウンドを持つ20人のアーティスト、デザイナー、コーダー、プロデューサーからなる国際的なチームです。近未来の美学を追究し、テクノロジーが私たちの生き方をどのように変えていくのかを探求しています。2009年にMarcusとVeraによって設立され、Nikeやトヨタ、IBMもクライアントに持つ注目されるスタジオです。
Instagram

※プレゼンは英語で行われます。日本語の逐次通訳あり。

▼20:25〜20:45
【SESSION】

登壇者3名とファシリテーターで今回のテーマについて語り合います。

▼20:50〜21:20
【交流会】
登壇者有志、参加者限定40名でオンライン交流会を実施します!詳細は当日お知らせいたします。


===開催概要===
イベント名:シブヤ クリエイティブ トーク -渋谷から世界を覗く-(全3日間)


DAY1:海外で働く!渋谷とデンマークのクリエイティブな現場から
[SPEAKER]
・森田美紀(もりた みき)/ MOK Architects 建築家
・蒔田 智則(まきた とものり) / 環境設備エンジニア
・曹 政 (チャオ ゼン)/ Investor, asobu co-founder

[MODERATOR]
岡村彩(おかむら あや) / ayanomimi 代表

DAY2:社会を動かす!世界に拠点を持つデザイン戦略ファーム - シブヤ クリエイティブトーク
[SPEAKER]
・Emil Andreas Bruun Sørensen(エミール・ソレンセン) / Kontrapunkt(コントラプンクト)ブランド ストラテジスト
・Hector Noval(ヘクター・オーヴァル) / Designit (デザインニット)東京支社代表
・渡邉康太郎 (わたなべ こうたろう)/ Takram パートナー・コンテクストデザイナー

[MODERATOR]
三瓶亮(さんぺい りょう)/ 株式会社メンバーズ LXグループ UX MILKプロデューサー

開催日  :2020年7月1日(水)、7月2日(水)、7月3日(水)
時間   :各回 19:00-20:30(※開場18:50)
会場   :オンライン(チケットをご購入いただいた方にお知らせいたします。)
料金   :1,000円(1日券のみの販売。チケット購入者はイベント終了後数日に限りアーカイブ映像をご視聴いただけます。)
主催   :CINRA.JOB, co-lab
協力   :SHIBUYA CAST


【お問い合わせ】
「主催者へ連絡」ボタンよりお問い合わせください。

===配信について===
※配信はZoomで実施する予定です。チケットを購入いただいた方に後日URL・視聴方法をお知らせいたします。
※ご覧いただく際はZoomアプリ(無料)のインストールが必要となります。スマートフォン、タブレットやパソコン等WEB環境があればご覧いただけます。
※基本的に皆様には「ミュート(声を拾わない状態)」でご参加頂きます。
※イベント中は、イベント内容への感想などは「チャット」、質問は「Q&A」をそれぞれご利用下さい。
※参加者の顔やお名前が(Zoom画面上に)見える可能性があります。

===注意事項===
※撮影、録音、配信などの行為は一切禁止いたします。
※配信中に進行を妨げるような行為がある場合ご退場頂く可能性がございます。
※お支払後のキャンセル・払い戻しは対応できません。あらかじめご了承ください。
※お申込者の方にはイベント終了後数日に限り、アーカイブ映像をお送りさせていただきます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#645615 2020-07-03 03:58:31
More updates
Fri Jul 3, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
DAY 3 (7/3 19:00-20:30) SOLD OUT ¥1,000
Organizer
CINRA.JOB
132 Followers

[PR] Recommended information